teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:6/96 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

 投稿者:AT  投稿日:2006年 1月19日(木)08時46分9秒
  通報
  最近読んだ本です。

『本格小説(上)(下)』水村美苗/新潮社
 3年くらい前に出た本で当時、かなり話題になった本ですね。タイトル通り小説。
 女性向きかな? かなり長編ですが、一気に読ませるところがすごい! 面白い!
 昭和のお嬢様の恋のお話。成城とか軽井沢とかが舞台・・というところが女性向きでしょう?(笑)そのお嬢様に2人の男性が絡んで・・・いやぁ、読み終わって「よくこんな作り話が作れたなぁ。作家ってすごいわぁ」と感想を持ちました。読後、少し本の世界へ引き込まれていました。(笑)


『砂漠』伊坂幸太郎/業之日本社
 人気の伊坂さんの最新刊。伊坂さんは東北大卒なので、この小説は仙台にある大学の学生達の友情物語です。そこにやはり”事件”が絡んできます。私は『死神の精度』の方が面白かったなぁ。


『ナラタージュ』島本理生/ 角川書店
 こちらは去年、「今年の本」の中に選ばれた小説。高校から大学までの恋のお話。最後どうなるのかなぁ?と思いながら読みました。なかなか面白い恋愛小説でした!

『千日紅の恋人』帚木 蓬生/新潮社
 帚木 蓬生さんの本はこれが初めてなのに、いきなり恋愛物からでした(笑)。ほんとは医療物が本筋ですよねぇ? 小説。
 実家が所有するおんぼろアパートを管理している30代の出戻り女性が主人公。そのアパートに住む人たちとの話。そこからだんだんと恋愛小説になっていきます。実に淡々とした作品。でも、最後まで読ませます。最後がいい! ラストのために読んでください。穏やかな作品です。
 
 
》記事一覧表示

新着順:6/96 《前のページ | 次のページ》
/96