teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:4/96 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

 投稿者:AT  投稿日:2006年 1月26日(木)09時25分51秒
  通報
  『死神の精度』伊坂 幸太郎/文藝春秋

 おもしろかったです! 小説。6つの短編からなっていますが、死神は一人(?)で全編に登場。そして、それぞれの話もどこかリンクしています。「上手だなぁ」って思いました。死神が音楽が好きで、業務のため人間界に来ると音楽を貯め聴きするというのも面白い設定。


『魔王』伊坂 幸太郎/講談社

上の本の前に読んだので、実は内容がうろ覚えです(苦笑)。小説。ファシズムへの嫌悪を表した社会性のある小説。なかなか面白い。
私の伊坂さんのランキングは1.『死神の精度』2.『チルドレン』3.『魔王』4.『砂漠』って感じかなぁ?
 
 
》記事一覧表示

新着順:4/96 《前のページ | 次のページ》
/96