teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:11/633 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

★108周年・タイタニックアニバーサリー★ベンジャミン・グッゲンハイム氏の子孫訪問

 投稿者:智恵メール  投稿日:2020年 4月15日(水)00時19分49秒
  通報 編集済
  皆さま、タイタニック就航108周年を迎えましたが、
お家でよい子にお過ごしでしょうか。
こんな世の中になると、誰が予想していたでしょうか。
色々な想いもありますが、
コロナに負けない意思表示をするつもりで、
いつも通りのマイペースな投稿をさせて頂きます。



「ベンジャミン・グッゲンハイム氏の玄孫(やしゃご)がタイタニックサイト船室を4Kカメラで訪問」

アメリカの鉱業大物、一等先客のベンジャミン・グッゲンハイム氏、
キャメロンの映画「タイタニック」の1シーンでご覧になった方も多いでしょう。
助からないと覚悟したグッゲンハイム氏は、おつきの人と、「紳士らしく」最高にドレスアップして最後の時を迎えます…

グッゲンハイム氏の玄孫(やしゃご)、ラムニー・グッゲンハイム氏がタイタニックサイトを訪れた、
高祖父の父ベンジャミン・グッゲンハイム氏の最後の瞬間過ごした、タニックの沈没現場を訪れた記事です。

ベンジャミン・グッゲンハイム氏は彼の愛人、フランスの歌手、レオン・オーバート、彼の従者のミリオ、彼の運転手、ルネ・ペモトとオーバート女史のメイド、エマ・サゲサーと一緒に旅行していました。

オーベールさんと彼女のメイドは救命ボートに乗せられましたが、残りのパーティーは残りました。
ベンジャミン・グッゲンハイム氏は、最後の時の為に最高にドレスアップします。
彼はまた彼の妻のための最終的なメッセージを書いたと伝えられました:「私に何かが起こったら、私は義務を果たすために最善を尽くしたことを妻に伝えてください。」

グッゲンハイム氏が滞在した船室B84は、沈没現場とは少し離れて、125000フィートの底、海底に眠っています。
沈没現場近くにいったラムニー・グッゲンハイム氏は、4Kクオリティーの海底映像を、ノートパソコンを通して見たそうです。

「私たちは皆、彼の最高のブランデーに身を包んだ彼の物語を思い出したいと思っています。 しかし、ここで私が見ているのは、砕かれた金属、すべてのもので、これが現実です。私にとってその映像は、最も心の奥深いところで痛みを伴うものになります…」

ナショナル・ジオグラフィクのTV番組では、これらのことが紹介されるようです。(日本もかどうかわからないけど)

記事中には、46歳で亡くなったベンジャミン・グッゲンハイム氏の姿や、海底のタイタニックの写真と共に紹介されています。
どなたか、ナショジオTV番組「Back to the Titanic」(昨日投稿)を見れた方がいらしたら、レポートよろしくですにゃ(^^)
元記事は、こちら、よかったら是非ご覧ください↓

https://www.dailymail.co.uk/news/article-8211867/Great-great-grandson-Titanic-victim-sees-sunken-staterooms-relative-drowned.html


(参考)恐らくこんな感じ(^^)
本人(例:ベンジャミン・グッゲンハイム氏 2012年)





曽孫

玄孫(例:ラムニー・グッゲンハイム氏 2020年)


皆さま、つぶやきでもよいので、記念に何是非書き込みしていってくださいね~♪

http://www.titanicjp.com/

 
 
》記事一覧表示

新着順:11/633 《前のページ | 次のページ》
/633