新着順:4/196 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

JT-日立佐和戦@石岡 12/16

 投稿者:Novice  投稿日:2007年12月20日(木)21時40分0秒
  通報
  ○第1週の試合の様子からして、JTは、ひょっとして入れ替え戦行きかと思われる状況だったので、この試合での3-0勝ちは意外だった。
○佐和は、期待の15番は途中出場の上目立たず。セッター黒羽のトス回しも目立たず。
○対して、JTは、高木選手が、身体全体を使っての思い切ったスパイクがさえる。よく「9mの幅をフルに使う」というが、レフトの超早い並行、ライトへのブロードなど、活用している幅は9m以上?ターンも、全身を折り曲げて打ってよく決めた。打数も実際多かった。
○しかし、一方で、サーブレシーブはかなりがたがた。高木選手は、前衛での活躍の上、さらに狙われて受数も多かったが、率としてはまぁまぁ。というか、統計を見ると、谷口選手、小酒選手、高木選手に万遍なくサーブが行き、万遍なく崩されている。
しかし、守備固めのみとして、位田選手、菅山選手、西山選手等を使うのはいかにももったいない。
○宝来選手は、先週よりもアタック決定率が上昇?コンビが合えばもっとよくなるか?
(それにしても、両センターが全日本に行っていたのにしっかり回っているパイオニアはなかなか素晴らしい。)
○久保選手は確かビデオ係。12人に入れない事情が何かあるのか?
 
》記事一覧表示

新着順:4/196 《前のページ | 次のページ》
/196